企業連携

企業連携とは?
バナーやLPなどの制作を、他の制作会社や企業に発注するために必要になるのが「企業連携」です。
企業連携は、発注側企業のAdFlow と 受注側企業のAdFlow を紐付けることで、外部企業に制作案件を依頼するための機能です。

 企業連携は、以下の手順で行います。なお、この手順は、契約管理アカウントのみ実施可能です。

 

※注意点
1.企業連携は、発注側企業の組織単位で行います。発注する組織が複数ある場合は、受注側の企業が同じであっても、
  それぞれの組織毎に設定する必要があります。
2.発注先が自社内の組織(自社発注)であっても、企業連携は必要です。自社発注の場合、組織を作成した時点で
  上記のC. までは自動申請されるので、必要に応じて承諾を行います。

次に、実際の設定方法(上記図のC 、D部分)について説明します。

設定方法【外部発注の場合】

C. 企業コードを入力し、連携を申請(発注側企業の手順)
  
発注側企業は、依頼先企業から通知された企業コードをAdFlow上で設定し、企業連携を申請します。

D. 連携を承諾し、受注関係者等を設定(受注側企業の手順)
  
受注側企業は、発注側企業からの企業連携通知メールを受信し、AdFlow上で申請を承諾します。


設定方法【自社発注の場合】

D. 連携を承諾し、受注関係者等を設定(受注側企業の手順)
  
自社発注の場合は、自社内に組織を設定すると自動的にその組織から企業連携が申請された状態になるため、実際に発注を行う組織からの申請を承諾する手順となります。