AdFlowBannerPoolとは?

AdFlowBannerPool(BP)は、クリエイティブであるバナー(ディスプレイ)に特化して効果測定できる分析プラットフォームです。
同じクリエイティブでも配信メディアが異なれば、効果も異なることが多い点に着目し、個別レポートも横断レポートも可能にした点が大きな特徴です。数値とクリエイティブを同時に検証することで、マーケッターとクリエイターが同じ目線でゴールに向かう環境が構築できます。

AdFlowBannerPoolの3つの価値

クリエイティブ傾向の把握

クリエイティブ軸でのメディア比較やキャンペーン比較が可能な為、クリエイティブが全体的に良いのか、ピンポイントで良いのかの傾向が分かります。運用改善やクリエイティブ制作のムダを無くします。

勝ちクリエイティブの資産化

登録クリエイティブの原稿と効果データは資産としてデータベース化されていくこととなります。いつでも誰でも過去及び現在の勝ちクリエイティブを確認することができます。

レポート作成の大幅負荷軽減

これまでメディアやDSP、代理店から挙がってきたレポートの集約作業をしていた場合、大幅な業務効率化に繋がります。検証やプランニングに割ける時間が増えPDCAサイクルが確実に高速化されていきます。

AdFlowBannerPoolの機能


効果の測定

メディア横断してパフォーマンス確認

同一クリエイティブを複数メディアに出稿した場合、クリエイティブごとのImpやClickの合計値を取得するのは簡単ではありません。BPでは、効果データ登録時に原稿との紐付けを行う事で、簡単に原稿ごとのパフォーマンスを確認することができます。

レポーティング作業は不要

複数メディアへ出稿した場合、運用担当者はメディアごとにデータをまとめ、さらにそれらを統合するなど多くのレポーティング作業が発生します。詳細な分析を求めるほど、データの統合・分解は繰り返され、運用担当者の大きな負荷になっています。BPなら、この手間が一切なくなります。

100万行データも数秒で分析

100万行を超えるデータを分析する際に、ExcelがPCごと固まってしまうケースはよくあります。BPのサーバはビッグデータにも対応可能な分析・集計に特化したサーバで、データ解析にかかる時間を飛躍的に短縮します。


クリエイティブの管理

クリエイティブ専用のストレージ

社内サーバによるファイル管理は限界を迎えています。流行のオンラインストレージでも「クリエイティブ管理」という観点では、容量、速度、表示の点で難があります。BPは、これらをカバーしたクリエイティブに専用のデータベースとしてご利用いただけます。

素材庫・資料庫にもなる

キャンペーンバナー等は複数パターン&サイズ展開することが一般的です。BPではこれも想定し複数クリエイティブを1つのグループにまとめることができます。グループには構成素材や完成原稿の元ファイルPSD、構成案のPowerPoint、レポートのExcelなど、様々なファイルを登録することができるため素材庫・資料庫としても活用いただけます。LPも管理できます。

きめ細やかなUI・UX

ファイル名や登録日に加え、登録時に付与したタグやコメントでもファイル検索可能で、検索結果はサムネイル表示されるため、瞬時に目的のファイルが見つけられるようになります。また画像付きのExcel一覧もダウンロード可能で、レポート作成時の元素材として重宝します。


バナー&LPテストも可能

モニターの声を集める「ADTest」

400万人のモニターの中から300人を条件抽出して定量・定性のユーザーテストができる「ADTest」の機能をいつでも利用することができます。(1テストにつき実施費用は発生します。)
回答結果は最短中1日納品でスピーディーなPDCAにお役立ていただけます。
配信結果に満足のいかないバナーの改善や逆に結果には満足しているものの勝ち理由がはっきりしないLPの更なる改良などにお役立ていただけます。
実施したテストはストックされ、BPアカウントをお持ちの方はいつでも共有・確認することができます。

AdFlowBannerPoolが必要な理由

アドテクの発展により多くの企業でカオスと化している広告出稿。どのメディアにどのようなクリエイティブの広告が掲載されているかを正確に把握できていますか?

今後も更なるアドテクの進化で、配信メディアやタイミング、オーディエンスなどは自動的に最適化されていくでしょう。
しかし、時代がどこまで進んでも人の手を必要とするものが「クリエイティブ制作」です。
アドテク時代には、クリエイティブが飽きられるスピード、つまり消費スピードも益々早まる傾向にあります。

自動化できないクリエイティブ制作だからこそ、勝ちパターンを資産化し、少しでも効率的かつ効果的に制作を行える準備をしておくことが必要なのではないでしょうか?

PDCAサイクルは確実に高速化が求められる時代に入っています。高速PDCA実現のために、AdFlowBannerPoolをお役立て下さい。

導入実績

AdFlowシリーズはクリエイティブを資産として大切に扱われている1200社以上の企業に導入いただいています。

AdFlow導入企業

お客様の声

「世間に受け入れられやすい広告」や「効果の高いデザイン」を全員で共有でき、クリエイティブ部全体のレベルが上がりました。


Banner Poolを用いることで、みんなで持ち寄った広告クリエイティブが一カ所に集められ、巨大なアーカイブができました。データ容量や動作スピードも申し分なく、管理もしやすいのがいいですね。日付やサイズ、ファイル名などは自動で登録されますし、社内のルールで作成したタグを付与しておけば、検索も簡単です。社外からアクセスできる点も助かっています。
株式会社セプテーニ メディアグロース本部 クリエイティブ部 チーフディレクター 加来 幸樹 様

SHIPS

クリエイティブ制作が量も質も高い水準で求められる時代に


デザイナーが自身で制作したクリエイティブの効果を確認する為には、これまではプランナーに依頼してレポートをもらうか、社内の共有環境から自分でレポートを探し出すくらいしか方法がありませんでしたが、BannerPoolとの連携が完全に実現した暁には、トランスコスモスで配信している全てのバナーとその広告効果がセットで、簡単に閲覧できるようになります。配信後の効果をいつでも見ることができるという環境はクリエイティブを改善していく上でとても大切なことだと考えています。
トランスコスモス株式会社 デジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 アカウントエグゼクティブ総括 事業推進本部 コミュニケーションデザイン部 マーケティングクリエイティブ二課 課長 川端康史様

AdFlowシリーズだから広がる拡張性

AdFlowBannerPoolは、制作進行管理ツールである「AdFlow」のシリーズ商品です。他のシリーズ商品との連携による拡張性をご期待いただけます。

制作進行管理

AdFlow
LPやバナー、チラシなどの制作本数が多い場合にお薦めなオプションです。各制作案件を開始から納品まで見える化して進行管理していくことができます。ここで完成したクリエイティブをBPのストレージに移行することができます。

アマナ素材購入

image box
ストックフォトを多く購入している企業にお薦めなオプションです。アマナイメージズ社との事業提携により、市場の1/10程度の価格での購入権を得ることができます。
ここで購入した素材をBPのストレージに移行することができます。

よくあるご質問

導入の多い業界はどこですか?

実績ベースで言えば、広告代理店、メーカー、アパレル、コスメ・化粧品、不動産は導入の多い業界です。ディスプレイ広告やFacebook広告を多く展開している企業との相性は抜群です。

導入期間はどのくらいかかりますか?

クラウドサービスだから導入に手間はかかりません。アカウントに関してはご契約日の翌営業日には開設致します。操作方法トレーニングもオンライントレーニングで終了することができ、設定作業含めても1週間あれば運用開始いただけます。

クリエイティブの制作は行っていただけますか?

クリエイターズマッチは現在でも月間2000本程度のバナーを制作しているバナー専門の制作会社でもありますので、お気軽にお申し付け下さい。バナー1本のご注文でも承ります。

デモを見てから決めたいのですが可能ですか?

もちろん可能です。デモンストレーションは弊社としても是非ご覧&ご体感いただきたいです。下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

お急ぎの場合にはお問い合わせ専用ダイアルまでお気軽にお電話ください。
03 - 6721 - 9522(受付時間:平日10:00〜19:00)

この内容で送信します。よろしいですか?