CREATORS MATCH BLOG

クリエイターズマッチのサービスやヒト、ニュースについて、紹介していきます。

Original

200人にクリエイティブ評価してもらった結果、最も食べたそうなりんごバナーは●●だった

こんにちは。

社内ブログ担当の森田です。

 

今年も12月に入り、さらに一段と寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?

 

本日は、クリエイターズマッチで実施している教育事業コンテンツのご紹介です。

 

クリエイターズマッチでは、地方でデザイナー講習を行うことで、クリエイターの育成を行っています。

 

今回は、新潟で行っているデザイナー講座で、「りんご」をテーマに「欲しい、食べたい」と思うバナーを作ってもらいました。

 

 

そして、クリエイティブテストサービスの「ADTest」にテストをかけて、その結果を公開します!

 

どういうバナーが選ばれるのか?ユーザーのコメントから共通項を見出し、みなさまのクリエイティブ改善のヒントや気付きになると幸いです!

 

 

お題

 

第一回オーダー内容

シンプルに、りんごの素材、キャッチコピーとサブ要素、質問内容である「欲しい、食べたい」と思えるようなデザイン、というのがお題です。

 

 

 

提出クリエイティブ

生徒さんたちからクリエイティブが上がってきました!

 

 

同じ課題でもデザイナーさんによって、まったく違うデザインが出てきますね。

 

早速、ADTestでクリエイティブテストにかけてみましょう。

今回は200名、全国の20~60歳、男女に回答いただきました。

 

 

さて!ここでクイズです!

 

あなたは、どのクリエイティブが「欲しい、食べたい」と思われたランキング1位だと思いますか?

結果発表

 

今回は3回の絞込み選択、サバイバル方式でモニターに選んでもらい、一番最後の一つに選んだクリエイティブについて選んだ理由をフリーコメントで書いてもらうという「サバイバルテスト」を行いました。

 

204名が選んだ、「欲しい、食べたい」と思うりんごのクリエイティブ、

最終的に選ばれた数が多い順はこちらです!

 

 

さらに詳しい結果はこちら。

 

 

 

棒グラフ左から順番の数字が、上から順番の数字になります。

 

 

 

それでは、各クリエイティブごとに、どのようなコメントが寄せられたのかご紹介と、テキスト分析をしていきます。

 

1位のコメント

 

モニターコメント(一部抜粋)

蜜が沢山入ってそうだから


艶のあるりんごがクローズアップされ、インパクトある。甘・旨の文字デザインが引き立つ。全体がすっきりしている。


余計な風景や文字が無いので、リンゴの綺麗な色と短い文章が非常に強調されていて、リンゴが旨そうに思えたから。


りんごの写真が大きく印象的で 赤さがひきつけられて 漢字も大きくインパクト抜群だと思います


一番美味しそうだから


見るからに美味しそう。蜜がたっぷり甘くて旨いと期待できるリンゴと思えるから
リンゴが大きく迫力ある。


りんごがとても綺麗❗ 凄い美味しそうに見えるから。


大きなりんごの写真がおいしそう。甘・旨が強調されていて、もぎたて直送や手間暇かけた、自然の恵みの文句も魅力的。


字数が少なく、キーワードだけ大きな文字で伝わりやすい点、リンゴがアップで一目で何を告知しているか分かる点

 

テキストマイニング結果

テキスト解析詳細はこちら powerd byユーザーローカル

 

リンゴがおいしそう、大きくてインパクトがある。という感じでしょうか。

 

2位のコメント

 

モニターコメント(一部抜粋)

リンゴの特徴 産地 もぎたて おいしそうなリンゴ 食べたくなるような絵柄 わかりやすい


りんごの画が大きく美味しそうに見える。 密小町の字が大きく目を引く、またりんごが美味しそうな印象を受ける。 短い説明文だけど、りんごの説明がわかりやすく食べてみたいと思うから。


商品の特徴がわかりやすく書いてあり、画像のリンゴがおいしそうだから。


りんごの画像が美味しそうなのと、謳い文句がはっきり分かるから
写真のりんごがアップで映っていて、それが甘そうでみずみずしく見えて食べたくなるから。


説明文が書いてあって文字の大きさもわかりやすい。自然の写真がある方が採れたて新鮮に見える。


りんごの名前が目立つ。バックの緑のぼけぐあいで、りんごの赤い色がいかにもおいしそうに見える。


産地がどこかが書かれている。蜜が大きく、甘いりんごを想像する。直送はまぁこれくらいの大きさで十分だと思う。りんごの絵が邪魔されていなくていい。

テキストマイニング結果

テキスト解析詳細はこちら powerd byユーザーローカル

 

りんごが大きくて目立ちおいしそう、みずみずしそうに見えるように感じる、伝わるようです。

 

1位と2位のコメント比較

1位と2位は、たった2ポイント差の僅差でした。

この2つにはどのようなコメントの違いがあったのでしょうか?

テキスト解析の上、比較してみました。

 

1位のほうが2位よりリンゴのインパクトがあるようです。

1位の旨いというワードが印象的のようです。

 

同じ素材を使っても、おいしさの引き出し方、文字フォントの使い方で、ここまで変わってくるのですね。

 

3位のコメント

 

 

モニターコメント(一部抜粋)

リンゴが大きくておいしそうに見えたのと、もぎたてという言葉がめにとまったから

 

すっきりしたデザイン 同色系を使い、色の濃淡でおいしさを表現 背景そのものをリンゴにしたような感じがよい

 

レイアウトが良い いかにも甘みがありそうな蜜小町の名称が目立つので、興味を持ちしっかり見ることができる。 美味しいリンゴの写真に納得できる。

 

もぎたて直送が新鮮な感じ 全体のバランスがいい

 

林檎が前面に出ており、食べてみたくなる感じがした。

テキストマイニング結果

 
テキスト解析詳細はこちら powerd byユーザーローカル
 
注:「もぐ」はもぎたてのことです。
 
 
3位は、2位と1位に比べるとダブルスコアでの差がありました。
 
りんご、というキーワードは少なく、りんごよりも、もぎたてというキーワードが印象に残ったようです。
 
 

生徒からの感想

 

1位 下田さん

 

ユーザーに「かぶりついて食べたい!」と視覚的に思わせるため、りんごの写真を全面に大きく扱うデザインにしました。
りんごのビジュアルを補足するため、メインコピーのキーポイントである「甘い」「旨い」をしっかり立たせた文字組にして、新鮮さを演出するための出荷シールに似せたワンポイントを置くことで、より「おいしそうな感じ」な演出をしております。
 

 

 

2位 石黒さん

 

リンゴの葉っぱの画像を使って、サブ要素の「もぎたて直送」で新鮮であることが伝わるようにデザインしました。
メイン要素の「すっきり甘く、しっかり旨い」をリンゴの蜜で表現したかったので、
商品名である「蜜小町」に蜜っぽいグラデーションをかけて、リンゴの蜜を表現したデザインにしました。

 

 

 

3位 肥田野さん

 

「欲しい」「食べたい」というデザインの方向性でしたので、それだけを率直に考え 背景や装飾は置かず、リンゴをあくまでも主役に 大きく美味しそうに見えるよう配置しました。
「もぎたて直送」という文字も、“今収穫して届きました!”というような表現になるようにしました。
 

 

 

講師からのコメント

 

今回初の試みとして、デザイン講座におけるユーザーテストを用いたカリキュラムを実施しました。

 

どんなに良い課題を用いても世の中とのリアルな接点を感じにくい「学習」という環境の中で、

世の中との繋がりを意識しながらクリエイティブを制作することは、

受講生にとって大きな意味を持つものになったと感じています。

 

 

また、明確に優劣をつけることが難しい「デザイン」というものに対して、

ユーザーの評価という視点での序列を明確にすることは、

受講生の正しい「競争意識」につながったと思っています。

 

 

余談ですが、講師として私もデザインを作ったのですが、見事にTOP3に入りませんでした、、、

ユーザーテストを通して私自身も改めて勉強と反省をさせていただきました!

 

 

PRコーナー

 

是非、みなさまのクリエイティブも、ADTestにかけてみませんか?

1回5万円、依頼から中一営業日で300人の声が聞けて、クリエイティブの良い理由、悪い理由が自然を浮き出てきます。

クリエイティブの改善に、是非ご利用ください!

事例集ダウンロードも可能ですので、ご覧ください。

ADtestサービスページ

 

 

 

 

 

■業態・業界別ソリューション

広告代理店

ECサイト/単品通販

ファッション・アパレル

WEB制作会社

オウンドメディア

SP会社/印刷会社

化粧品・コスメ

不動産・金融・旅行

■クリエイティブ制作サービス

バナー制作

ランディングページ制作

動画制作

HTMLメルマガ制作

ライティング

 

この内容で送信します。よろしいですか?