AdFlow

<導入事例一覧

導入事例インタビューInterview

2012.10.17

tci
dummy

制作の川上から川下へを可視化する

トランスコスモス株式会社

トランスコスモス株式会社

http://www.trans-cosmos.co.jp/

課題

クリエイティブ作業の効率化はもちろん、仕事の引継ぎまでが容易に

マーケティングソリューション課 ソリューション担当奥野 辰広

奥野:AdFlow導入の背景には、制作業務プロセスの複雑化がありました。制作量が増えるに従って業務が属人化し、全体での情報共有が難しくなってきていました。業務プロセスを一元化し、「見える化」すること。これが至上命題でした。また、制作工程に加えて広告入稿フローの簡素化も課題としてありました。入稿管理ツールは国内、海外ともに探したものの、そういったジャンルのサービス自体が無い。メディアレップ様が提供しているツールも調査しましたが、代理店向けにカスタマイズされたものはありません。

システム導入には自社開発も含め様々な選択肢を検討しましたが、リスクやコストに見合った手法はなかなか見つかりません。AdFlowの話をお聞きしたのは、そんな状況の最中でした。制作工程と入稿管理が一元的に管理でき、ローコストで導入が可能。さらに自社のナレッジをシステムに溜めていける。AdFlowは弊社の要件をもっとも現実的に満たしており、すぐに導入を決定しました。制作から入稿を一元化することで、川上から川下までの流れが可視化されます。そうすることで、どの工程で滞留が発生しているのか、どこがボトルネックになっているのかが分かるようになります。例えば「初稿のチェックバックが2営業日遅れているから今から入稿日を調整しておく」という見通しと判断がすぐに可能になります。業務の共有化によって無駄が省かれ、全体的な時短が実現される。全社的に業務を可視化することのメリットはここにありました。

解決

AdFlow導入の効果—3か月で約30%の工数が削減

アドテクノロジー課 課長代理小林 淳

マーケティングソリューション課 アドクリエイティブ担当阿部 恭子

小林:社内ではディレクター、デザイナー含めて約10名がAdFlowを使っています。最初の導入では立ち上がりに時間がかかったものの、3ヶ月目からは問題なく流れるようになりましたね。数値での結果を見ますと、あるチームでは1案件あたりで1時間程度、44%の工数削減となっており、部内全体では約30%の工数削減が実現しています。制作時間が短縮されることによって、構成や企画などの上流工程により時間を充てられるようになったと思います。

阿部:ディレクターとして実際にAdFlowを使っています。慣れていた業務のやり方を変えるのは、やはり最初は抵抗があったと思います。制作依頼にあたって案件の登録をする必要がありますが、そのハードルは多少ありました。ただ、実際に使い始めて業務が回るようになると手放せなくなるというのが、部内のディレクター共通の意見です。制作担当者やクライアントと同じやり取りを何度もしなくて済むようになったのは大きいですね。やり取りが減ることで、抜け漏れや間違いが発生するリスクもそれだけ減っていきます。また、1回あたりのやり取りにかかる工数も減りました。思い込みなどではなく、明らかな実感がありますね。

解決

制作・入稿それぞれでAdFlowに期待すること

dummy

マーケティングソリューション課 課長奥井 記章

小林:AdFlow導入に際しては入稿管理ツールとしての期待が大きかったのはお話した通りですが、連携DSPが増えていくに従ってその期待は叶えられつつあります。各DSPへの連携が完了した際は、入稿は全てAdFlowを介して行いたいと考えています。オペレーション工数の削減期待は20%から30%。現行業務では1件あたりの入稿に1時間から1.5時間がかかっているので、AdFlowの導入効果はかなりインパクトが高いです。

奥井:バナーの制作需要が劇的に増えているなか、弊社としてはどうやってマーケットの要求に応えていくかが問われています。現在制作に協力いただいているパートナー様、関連会社とともにその体制づくりを進めているところです。弊社はクライアントと密にコミュニケーションを取り、精度の高い要件定義を行う。パートナー様には制作のプロとしての強みを活かしたクリエイティブを作っていただく。クオリティを担保してスピードに対応していくための体制です。AdFlowにはそのプラットフォームとして期待していますし、今後も一緒に工夫してやっていきたいですね。

※インタビュー当時。現在、DSPへのアップロード機能はAdFlow Banner Poolに引き継がれており、AdFlowには実装されておりません。予めご了承ください。

インタビューさせていただいた方

マーケティングソリューション課
課長

奥井 記章

マーケティングソリューション課
ソリューション担当

奥野 辰広

アドテクノロジー課
課長代理

小林 淳

マーケティングソリューション課
アドクリエイティブ担当

阿部 恭子

AdFlow

クリエイティブワークをシンプルにAdFlowは、
制作現場の声から生まれた、
制作現場のための業務改善ツールです

お問合せ・資料請求 利用料金一覧

お電話でのお問合せはこちらから 03-6721-9522 受付時間:平日10:00~19:00

Other Serviceその他にも様々なサービスを取り扱っております

広告効果最大化のための
クリエイティブデータベース

BannerPoolはクリエイティブ別・メディア別・キャンペーン別に俯瞰的な視点での管理や分析をスピーディに行うことができます。チームを横断してのファイル・情報の共有が継続的で良質なキャンペーン運用を可能にします。

Banner Pool

短納期・低価格な
クリエイティブ特化型ユーザーテスト

ADTestは、モニター自身の言葉による意見を集めることで、今まで数字でしか判断できなかった実施結果の理解が深まり、クリエイター・プランナー双方が共通認識のもと、ターゲットユーザーにマッチしたクリエイティブ制作が可能になります。

ADTest

AdFlow

クリエイティブワークをシンプルに。
AdFlowは、制作現場の声から生まれた、制作現場のための業務改善ツールです

CREATORS MATCH Ltd.
TOPTOP