⑻ ライブラリ機能を活用する

データの埋没による検索コストを最小化するとともに、完成デザインだけでなく過程の制作物や複案・素材ファイルまで、
すべてのデータを蓄積し資産化していくことができます。



ライブラリ画面について
ライブラリ画面から登録した制作物・素材を検索・確認・活用します。


添付して案件を起票する
ライブラリに登録した制作物・素材を添付して案件をオーダーできます。


クリエイティブを確認する
クリエイティブ詳細画面では任意の大きさでクリエイティブを確認いただけます。

この内容で送信します。よろしいですか?