INTERVIEW

株式会社セプテーニ

入稿作業から広告効果までを一元管理。過去の実績を活かしたよりよいクリエイティブ制作

株式会社セプテーニ
メディアソリューション本部 クリエイティブ部
シニアチーフ・ディレクター 江村 雄一さま
シニアWebアナリスト/GAIQ取得者 玉石和正さま 

公式HP:https://www.septeni.co.jp/

構想から1年。もともとは
自社での開発を考えていたシステムでした

玉石:弊社では、毎月大量のウェブ広告の案件を抱えており、多数のディレクターが制作を担当しています。制作したクリエイティブの運用も、基本的には案件毎に担当ディレクターがついていたのですが、その実績データを社として一元管理しづらいことに課題を感じていました。過去の実績を活用すれば、より効果的なバナーを制作し、お客様にもより具体的で説得力のあるご提案ができるだろうという考えはありました。しかし、実際は紙のレポートしか手元に残っていないケースや、各個人のPCにしかデータが入っていないケースもあり、運用実績は豊富にあるにもかかわらず、それらをうまく活かすことができていなかったのです。そのため、誰もが一つのプラットフォームを用いて、これまでの実績や他ディレクターの制作状況がすぐに把握できるような環境を必要としていました。

江村:社内でシステムを開発しようかと考えていたとき、クリエイターズマッチさんも同じ考えをお持ちだと伺ったのです。以前からAdFlowを利用しており、クリエイターズマッチさんへの信頼感は出来上がっていました。また、既に様々な代理店と仕事をされていたので、代理店の目線というものも理解されていたんです。代理店が望むことをよく理解した上で開発に挑んでくださる姿がすぐにイメージできたので、安心してお任せすることができましたね。

単に一元管理できるだけでなく
よりよいクリエイティブ制作の指標に

玉石:Banner Poolを利用し始めて約2カ月経ちましたが、当初の目的通り、これまでの運用実績を一カ所に蓄積し、どのディレクターでも自由に確認できるツールとして、現場改善に活躍し始めています。加えて、これまでは比較的大きな労力を必要としていたメディア横断やお客様横断でのデータ分析が非常に簡略化され、レポーティング工数削減のポテンシャルを大いに感じています。

江村:リソースに限りがあるため、ツールがなかった頃はもっと小さな規模でデータの蓄積や比較を行わざるを得ませんでした。“来月はこうしましょう”とご提案を行っていたんです。

玉石:例えば“通販コスメサイト”のように、あるジャンル全体の傾向を提示しようとしても、結果が点在していたために、案件や媒体を横断した考察が行いにくい状況でした。しかし、このサービスを使えば業界全体を総括した数値や傾向を簡単に閲覧することができ、“業界全体としてこのようなバナーの効果が良い傾向があるため、この方向性で作らせて下さい”というご提案がお客様に行いやすくなるのではと思っています。

江村:このサービスに触れているディレクターからは、アイデアが枯渇しているような案件に対して、あともう一歩のひらめきが出ないとき、過去の制作実績を見てアイデアが出せそうだという意見も上がってきました。今は期待しているという段階ですが、半年くらいかけて効果を実感できればと思います。

他サービスとの連携などで
より便利で機能的なツールになってくれたら

玉石:当初から私たちの考えとして、クリエイティブをもっと理論的に分析したいという考えがありました。お客様に“感覚です”なんて言えないですし、こういう項目や要素があるから良かったんですよと、万人に対して共通言語や数値で伝えられた方が、クリエイティブ制作における確かなノウハウと呼べますよね。そのため、今後はそこまでの分析もできるツールに進化してくれたらうれしいです。管理画面上でより複雑な掛けあわせ条件を指定でき、さらにはグラフ作成まで行えるようになれば、レポートを作成する工数を圧縮できる分、よりよいクリエイティブを考え、お客様へご提供することに多くの時間を充てることが可能になります。今後、このような機能がデフォルトで備わってくると、従来のクリエイティブ運用現場を大きく塗り替えるトリガーになるだろうと期待しています。

江村:分析が進めば、クリエイティブ制作のフォーマットもできてくると思います。例えばポートフォリオを作る場合、素材さえ提供すれば、自動で3パターンくらい制作してくれるようなシステムができたら理想的ですね。蓄積された知見に沿って、そのジャンルにあったものが上がってきたら完璧です。

玉石:反面、お客様の期待を大きく超えるクリエイティブを制作する際、最後はクリエイターの能力がモノを言うと思っています。ある程度の効果を担保するクリエイティブの条件はシステムから導けたとしても、さらに面白く、効果の良いバナーを導き出していくポイントは、人間の閃きになりますよね。弊社クリエイターが、本当にクリエイティブな仕事だけを日々行えるようにしていくことが、私の大きなミッションの一つです。

江村:今後、AdFlowの延長線上としてBanner Poolが使えたら、より便利な機能がたくさん出てくるのではと思います。AdFlowで入稿し、Banner Poolでそのデータを管理するという、さらなる一元管理ができたら素晴らしいですね。

玉石:当面の目標はBanner Poolのアビリティを使いこなすことです。縦横無尽な切り口でのデータ分析によってクリエイティブが最適化できれば、よりお客様のビジネスに対して貢献出来ることは確実ですから。今後、レポート機能なども充実されていくと伺っていますし、AdFlow・AdFlow Banner Poolのさらなる進化に期待します。

お問い合わせ

お急ぎの場合は、お問い合わせ専用ダイアルまでお気軽にお電話ください。
03 - 6721 - 9522(受付時間/平日10:00〜19:00)

■業態・業界別ソリューション

広告代理店

ECサイト/単品通販

ファッション・アパレル

WEB制作会社

オウンドメディア

SP会社/印刷会社

化粧品・コスメ

不動産・金融・旅行