案件進行のボトルネックがすぐ分かる!大量制作のマネジメントを強力にサポート

振り返りにも活用することでフロー改善やナレッジ共有等の組織力強化も実現

Septeni Ad Creative株式会社
〜関わるすべての人に「驚き!」をデザインする〜をビジョンに、セプテーニグループの一員として、デジタルマーケティングにおけるクリエイティブ制作を幅広く行っています

interviewer
プロダクト部プロデューサー 中嶋 逸成
プロダクト部ビデオデザイン課 制作進行 三原 梢

< Introduction >

セプテーニグループの一員として、デジタルマーケティングにおけるクリエイティブ制作を幅広く行っているSepteni Ad Creative株式会社様。今回はクリエイティブの制作や進行管理をご担当されており、AdFlowを入社当時からご活用いただいている中嶋氏と三原氏に、AdFlowの活用シーンや便利と感じられる点を伺いました

ー 活 用 ー

AdFlowの活用シーン

ー 御社内ではAdFlowをどのようにご活用いただいていますか?

中嶋:弊社はセプテーニの子会社になりますが、位置付けはグループ内のクリエイティブ制作企業です。AdFlowはクリエイティブ制作の進行管理で活用しています。AdFlowは2011年には導入していますから、私が入社する以前からずっと弊社の制作インフラです。入社研修時のプログラムにもAdFlowのレクチャーがあったくらいですからね。

– ありがとうございます!新人研修プログラムにAdFlowのレクチャーがあるなんて感激です。お二人の制作における役割について教えていただけますか?

中嶋:私はディレクターの立場になりまして、三原の方はアサイン含めた進行管理の担当となります。

三原氏:弊社の場合、相当量の広告制作を行なっておりますので、AdFlowも多くのスタッフで利用しています。このメンバーの稼働状況を随時ウォッチして、セプテーニから依頼が来た制作案件に適任者をアサインしていくのが私の役割となります。

– なるほど。全体的に情報を把握しておく必要があるお立場の三原さんですが、その中でもAdFlowにあるどのような情報を意識してご覧になられていますか?

三原氏:メンバーのリソース管理は社内ツールで行っていて、それとAdFlowが紐づいているので、AdFlowでは具体的な案件内容をウォッチします。リソース管理の方では、稼働状況だけで具体的にどのような案件・制作物を担当しているのか、分からないためです。具体的な制作物や社内外のやりとりを確認することができれば、案件の難易度も把握できますし、スケジュール通りに完了するかの当たりもつけやすくなります。また具体的な制作物を確認できるということは、ディレクターやデザイナーごとの得手不得手を把握することにもつながり、より適切なアサイン業務を行なうことにもつながります。

– 三原さんのような方がいらっしゃるからこそ、品質を担保・向上するアサインが可能になるのですね!AdFlowがそのお役に立てているのは光栄です。

AdFlowが便利と感じること

ー お二人にとってAdFlowは当たり前になってしまってはいると思うのですが、そのような中でも利便性を感じていただける部分はありますか?

中嶋氏:今回事例インタビューをしていただくということで他社さんの事例インタビューも拝見して色々と考えてみました。他社がコメントされている部分は共感できるものばかりでしたが、弊社だからこその観点でAdFlowの利用メリットをお伝えできるなとも思いました。それは、膨大な制作量がある場合のAdFlowの利用メリットです。

– 御社の場合、国内でも屈指のクリエイティブ制作量ですからね。膨大な制作を手がけられる御社だからこその利用メリットは何でしょうか?

中嶋氏:膨大な制作を繰り返すと、マネジメント側がひとつひとつの案件の制作状況を追うことが難しくなります。そのため弊社では、制作進行ツールとして利用するだけでなく、問題が発生した時に迅速かつ正確に対処する用途としても活用しています。AdFlowは正にここで大活躍するのです。

AdFlowには制作にまつわる、あらゆる情報が一元管理されているので、納期が予定通り進まない、修正が想定以上に繰り返されている、そんな状況が生まれた時にAdFlowにさえアクセスすれば、何が起きているのかがすぐに分かり、現場に対して的確な指示を迅速に行うことができます。

そもそも案件の依頼の仕方が間違っていなかったか?
進行過程での指示は適切だったか?コミュニケーションに齟齬はなかったか?
修正依頼時の具体性は十分だったか?どこから修正が来ていたのか?

そのようなことが手に取るように分かります。
一言で言うとAdFlowには、現場で起きていることの原因の特定が管理者ベースで行いやすい、というメリットがあります。案件進行のボトルネックがすぐに分かるんですよね。

 また、弊社の場合は振り返りにも活用しているので、うまく行かなかった案件は、人に問題があったのか、仕組みやフローに問題があったのかを把握し改善に繋げています。一方でクオリティが高かった、広告効果が出た、スムーズに進行できたなどの、成功案件についてもどこにそのポイントがあったのかを明らかにしてナレッジ化することで、組織的な強化に役立てています。 

– なるほど。問題案件だけでなく成功案件からも振り返りをすることで両面から改善を重ねられているのですね。

中嶋氏:それ以外にもAdFlowが便利だなと感じるシーンはあって、それはグループ内でもAdFlowを使っていない会社がまれにあるのですが、その際にはメールやチャットで制作物のやり取りをすることになるので「AdFlowだったらもっと効率的にできるのに」と思ったりもします。

具体的には、メッセージへのファイル添付がしやすいことやファイル容量が1GBまで添付可能なこと、そして制作物の一覧やバージョンを関係者と一画面で共有できることなどです。また、弊社は動画などにも積極的に取り組んでいて1案件での関係者も多くなっているので、案件内でグループを分けることができ、グループごとにメッセージやり取りできる点も便利ですね。

AdFlowなしでメールの管理であれば、社内用と社外用に別々にメールを作らなければならず、案件としての紐付けもないので管理が面倒になります。

ー 期 待 ー

今後のAdFlowへの期待

ー 今後AdFlowに期待する機能・サービスなどはございますか?

中嶋氏:2つあります。1つがライブラリ機能なのですが、完成稿のクリエイティブがクライアント横断して一覧で確認できますが、振り返りのクオリティチェックにとても便利です。画像付きでExcelダウンロードもできるためレポート作成などに役立ちます。だからこそ、制作したデザイナーの情報も一緒にダウンロードできると評価もしやすくなり、より利便性が高まります。

もう1つがライブラリ含め、AdFlowの中には膨大なクリエイティブデータが蓄積されていますので、これをAI分析などして効果の出やすいバナーなどの情報が提供されるようになると制作の効率だけではなく質もより高まりますので是非そうした取り組みには期待したいです。

 - AIの取り組みは仰る通りですね。弊社としても近いうちにAdFlow内にバナーの配信結果、効果データを各クリエイティブに紐づける予定です。その後徐々に仰っていただいたような事へ取り組んで参りますので、是非ご期待ください!

ー メッセージ ー

AdFlowをご検討頂いている方へ

ー AdFlowを検討されている方へ一言あればお願いします。

中嶋氏:制作しているクリエイティブの数が把握できないくらいのボリュームになってきているのであれば、必ず導入された方が良いと思います。クオリティの品質チェック、進行管理、コミュニケーション面での効率化と整備が大きく期待できるツールです。使ってみて思うことは、管理側にも向いているツールだということです。クリエイティブの制作というのは属人的になりやすいのですが、その中でもどういうフローで、どのようなものをメンバーが作っているか、何が課題だったかなどをタイムリーに振り返り、把握できるので、ナレッジマネジメントや人材教育にも活かしやすいです。

三原氏:制作本数が膨大になると私のように進行管理の業務を担当していても、全ての案件と状況を把握することは難しいので、同じような状況にある方には、ディレクターやデザイナー自身でも状況を把握しやすいので、おすすめです。AdFlowにはコミュニケーションレベルから全ての情報が残って追いやすいので、途中からアサインされたり、引き継ぎがあった場合でも問題なく案件に入っていったりできます。個人個人で進めることができるセルフマネジメント性が、現場にもAdFlowが好まれる理由だと思います。

- マネジメントだけでなく現場にも役立つAdFlowというのは私どもが目指す姿の一つですのでとても嬉しいです。本日は貴重なお話どうもありがとうございました!

この事例を見ている方にオススメの事例

株式会社セプテーニ(東京) 様

インターネット広告代理店/クリエイティブディレクション

制作に関わる業務をオンラインで一元化。ミスの危険が大幅に減少し、作業効率が改善。 

株式会社オプト 様

インターネット広告代理店/クリエイティブディレクション

案件毎の業務フローを管理することで月に1,200本前後のバナー制作を円滑に実行。

株式会社セプテーニ・クロスゲート様

インターネット広告代理店/クリエイティブディレクション

制作物の管理が煩雑が解消。制作現場が「すごく使いたい」と言うツール

お問い合わせ