広告主体設定

広告主体とは
かかわる人間が誰なのかをきちんと管理し情報流出を防ぐことが重要になります。
また、情報を整理し保管しておくことで取り違えなどのトラブルを未然に防ぎ結果として工数削減にもつながります。
AdFlowでは、広告主体を適切に設定しそれぞれ担当者を割り振ることで、手間のかかる管理を簡単に行えるようになります。 


どのように設定するのか
広告主体は、案件だけでなく、AdFlow上の素材ファイルなどにも紐付することが可能です。
(例えば、ロゴファイル等は広告主体を紐づけていれば操作ミスによるトラブルを防ぐことができます)

どのようにAdFlow上の情報を管理したいかにより、広告主体の作り方は変わってきます。
例えば、代理店さまでしたら、そのままクライアントさま毎に「広告主体」を設定するのがわかりやすいです。
また、メーカーや事業会社さま等の場合、ブランドや事業ごとに担当者が異なると思いますので、以下のように、

「広告主体」をそのカテゴリーで設定していただくことも可能です。

設定方法

 1.[ マスター管理 > 広告主体 ]で広告主体マスターに情報を登録する。

2.[ 企業管理 > アカウント ]で該当アカウントの詳細ページに進み、担当広告主体を設定する。
※アカウント登録方法については、別途「アカウント設定」のページで説明します。
※「1.」の広告主体の登録時に、担当するアカウントが決まっている場合はまとめて担当するアカウントを設定することができます。

この内容で送信します。よろしいですか?